検索

マンツーマンの魅力

両方上手く使っていくその魅力を語る前に、まずは家庭教師の魅力についてお話しして行きたいと思います。
医学部への進学に必要な範囲というのは、親の方では把握できないくらい広いことが多いです。それくらい広いからこそ、どれだけ頑張って勉強していても苦手分野は必ず出てきます。
予備校では万遍なく授業をしてくれますが、苦手なところを重点的に、ということはありませんから、弱点を潰していくためにはやはりマンツーマンの指導が必要不可欠になると言えます。

他の学部であれば、苦手な教科は捨てて、他で補うことも出来たりしますが、医学部ではそうも行きません。そういった考えが、不合格という結果を導きかねないからです。
何より、教師が一人常に付きっ切りになるので、ちょっとした疑問も逃すことなく質問できるという点もかなり魅力的です。やっぱり集団の中だと質問するタイミングを逃してしまったり、聞きづらかったりして、後で見直しておこうと思いながら忙殺されてそのままになってしまうこともしばしばです。
そのようにちょっとずつ穴を開けないためにも、家庭教師はいわば必要不可欠のもだと言えるでしょう。
さて、次のページでは引き続き、予備校の魅力についてお話しして行きましょう。