検索

合格した先輩たちは

子供が医学部への進学を希望しているけれど、今の成績ではちょっと厳しそうというか、怪しいというか、不安しかない…。という親御さん、これからどういった対策を立てようか考え中ではないでしょうか。
予備校で徹底的に詰めて行くべきか、それとも家庭教師でみっちり知識を叩き込んでいくべきか。医学部という大きな壁の前には、何が有効的な手段なのかと親ですら悩んでしまうものです。

ですが、合格した先輩たちがどういった手段を取っていたのか知っていますか?予備校を選んだのか。家庭教師を選んだのか。答えは両方です。どちらか一つに絞ったのではなく、両方をうまく組み合わせて医学部への道を開いていったのです。
狭き門だからこそ、どちらか、では足りないのです。予備校と家庭教師、その両方を駆使してやっと入れる、それが医学部です。
とは言っても、予備校と家庭教師、そんな簡単に両立できるの?本当に二つも必要あるの?と疑問に思う親御さんもいると思います。なので、ここではそれぞれの良いところ、そして両方活用することによって得られる利点について、お話しして行きたいと思います。
子供の進学のため、何をしてあげられるのか、何を選んであげるべきなのか、迷った時は是非参考にしてみてください。

話題のサイト

人気の家庭教師と勉強しませんか?『京都の家庭教師を徹底比較』